本日は です。
 
認知症の方のグループホーム
 

グループホームとは住み慣れた地域で安心して暮らし続けるための住居形態のひとつで、こじんまりとして家庭的な雰囲気の認知症対応型共同生活介護施設です。ご利用者の方が、いっしょに生活をする場所です。

グループホームでの生活は、特別なものではなく、ごく普通の生活で、ご飯を作ったり、掃除したり、買い物したり、昼寝や散歩、風呂におしゃべり、まったりとした時間を過ごしたり・・・。

のんびり・ゆったり・マイペース・・・それを支える3つの要素

● 家庭的な環境  ● 適度な一日のリズム  ● 専門スタッフ

顔見知りの関係や部屋の広さ、自由な雰囲気などが安心できる環境を醸し出しています。その時々ではじまるお話や散歩、ちょっとしたゲームや工芸など。自然にうまれるご利用者の方同士の関わり合いを大切にしています。

見学をご希望の方は、お気軽にお問い合わせ下さい。送迎もいたします。

 
ご利用いただける方
 西東京市在住の方
 介護保険認定「要支援2」以上、認知症の診断あるいは症状のある方。
 
 

ねんりんはうす

  電話&FAX 042-468-7835
  MAIL 

住居:8階建て賃貸マンションの3階の一部を改修して使用

認知症状態にある方に対するケアにとって、もっとも重要なことは、のんびり・ゆったり・マイペースをつくり出す専門スタッフ。ねんりんはうすのスタッフは、日々、ケアの実践と向上を目指しています。

詳細は以下のパンフレットをご参照ください。

ねんりんはうす パンフレット.pdf

  ねんりんはうす
     
   
     

ぱぶちゃんち

  電話&FAX 042-461-8183
  
MAIL 

住居一戸建て(2階建て)

ばぶちゃんちは元理事の故阿部千寿子さんが住んでいた場所に開設されました。お孫さんが阿部さんのことを 「ばぶちゃん」と呼んでいたことから名づけられました。つまり「ばぶちゃんち」は「おばあちゃんの家」のことです。

詳細は以下のパンフレットをご参照ください。

ばぶちゃんち パンフレット.pdf

  ばぶちゃんち
     
     
     
   

● 施設インデックスへ戻る ●

● TOPページへ戻る ●