特定非営利活動法人年輪いつまでも住み慣れた地域で暮らしつづける為に
本日は です。
TOPへ戻る前のページへ戻る

9)災害時に求められるサポート
 

寝る (雨露を凌げる)

 季節に応じた備品  例:夏場(団扇、クール用品等) 冬場(ホッカイロ、毛布等)

食う (温かい食事の提供体制)

 大規模調理施設の炊き出し体制

排泄 (気兼ねないトイレ)

 指定避難所のトイレは使えるか? ポータブルトイレ、簡易トイレ、オムツ ポリ袋、新聞紙等

10)遠くに福島火力発電所

 

11)黄色いハンカチ ここに戻りたい

仙台の風景  2012年7月7日撮影

これからも年輪は息のながい支援を継続してまいります。

 

震災への取り組み Topへ戻る

 

特定非営利活動法人 サポートハウス年輪 ねんりん